AlfaRomeo(アルファロメオ)916SPIDER(スパイダー)2001年式RossoNero(ロッソネロ)との楽しくも苦しい(?)日記+サッカーの事や音樂の事(になる筈)です。 ちなみサッカーはにアッズーロネロの川崎フロンターレサポーターです。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
花のあと
2010-03-31 Wed 23:50
3月29日に映画「花のあと」を丸の内TOEIで観てきました。

まぁ鑑賞券をもらったんで観に行ったんですが(笑)


ブログ0143P906i
有楽町駅前の丸井です。


最初は、好きな堀北真希さんの「誰かが私にキスをした」に行こうかとも思ったのですが、
評価もあまり良くないみたいだし「花のあと」にしてみました。
藤沢周平が原作というのも興味を引かれましたし。

まず第一印象は、あれほど美人だと思ってた北川景子さんが髪を結い上げると全然見えないなって事でした(笑)
その後段々と見慣れてくると美人に見えてきて、これはワザとそういう風に撮ったのかな?とも感じました。
特に道着に着替えてポニーテール?にした時は凛として美しかったですねぇ。

ブログ0144花のあと



北川景子さんの事はまぁ置いておいて、
ストーリーは結ばれる事の無い物同士の淡い恋心って感じの話でとっても退屈でした・・・・




開始から70分くらいまでは。


それから話が動き出すとかなり面白くなってきて、最後まで堪能できました。
敵討ちのシーンや北川景子さんの許嫁役の甲本雅裕さんのキャラなどは見ごたえが有りましたね。

結構お薦めの作品だと思いますので機会が有りましたら御覧くださいませ。



帰りに有楽町の駅のホームで事故?に遭遇。
足から血を流し顔面蒼白の男性を救急隊の方が手当してました。
最近交通情報等を聞いてると電車関係の事故が多いですねぇ。
皆さんもお気をつけ下さい。

ブログ0145P906i






↑ コレと↓ コレ、ポチッと押して下さいませm(_ _)m
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
たい平一門会
2010-03-25 Thu 23:59
3月16日に池袋芸術劇場中ホールで林家たい平一門会を観て来ました。
念願の落語デビューです。

池袋芸術劇場内
ブログ0140P906i



落語家さんは凄く沢山いて良く分からないので、最初はニッポン放送で馴染みの、たい平さんとテリー伊藤さんの落語を観ようかと。


芸術劇場の中ホールは、ほぼいっぱいです。
券を購入した時は発売日から日が経っていたにも関わらず普通に取れたので結構空いてるのかな?と心配していましたが、杞憂に終わりました。
同じニッポン放送で馴染みの鶴瓶さんのチケットは2回ほど購入しようとしましたが、数時間で売り切れてましたから。


本日の出演者
ブログ0141P906i



オープニングは太平さんとテリーさんで漫才(?)
普段のラジオ聞いてるみたいで面白かったです。


その後はラジオでリポーターをしてる正木あずみさんの初めてから7ヶ月目の三味線の披露です。
後でラジオで普段出来てた事が全く出来なかったと語ってましたが初舞台であがってしまったんでしょうね
かなり危なっかしい演奏で聴いてるこちらも力が入ってしまいます(笑)
何とか無事に(?)演奏が終わりみんなほっとしてました



続いてぺーさんの「時そば」ならぬ「年そば」です。
ぺーさんならではの誕生日トークで「時そば」をアレンジするとはなかなかいいアイデアですな!
落語というと伝統を重んじるのかなぁと思ってましたがこんなアレンジも有りなんですね!


次はテリ平さんの「三年目」です。
普通はプロの落語家あまりやらない話らしいです。
もちろんわたしも知らない話でした。
あまり笑いも無いシリアスな話で、それが普段のテリーさんとギャップが有っていい感じでした。
一ヶ月で覚えたらしいですけど、さぞかしたい平だったでしょうねぇ(笑)
落ちもなかなか面白かったです。

ここまでで一時間くらいで10分休憩に入ってから後半です。



後半まずは、東京ボーイズに高田文男さんが入った「ニュー東京ボーイズ」です。元の東京ボーイズ自体が良く分からないのですが、いつものラジオのビバリーヒルズの調子で高田先生は相変わらず面白いです。
有る意味喋りの天才だと思います!

そういえばビバリーヒルズに出てる松ちゃん(松村邦洋)は自分でチケットを買って観に来てたみたいです!
楽屋行きたかったけど行き方が分からなかったとラジオで言ってました(笑)


最後はたい平師匠の「明鳥」です。
この話しも知らなかったんですが(落語は詳しくないので当然か)なかなか面白かったです。
ただ落語は話芸だからか、落ちもさらっとしたかんじですね。
もっとズドーン!と落ちる落ちが観たいです(笑)
そんな落語も有るのかな?
でも古典落語は話が決まっているから、やはり話芸を磨く方向なんでしょうねぇ。

それと小道具の使い方も色々重要みたいですね。
テリーさんは眼鏡をここぞ!って場面で外してるみたいです。
なかなか奥が深いですね!


たい平師匠は「会社の宴会」みたいだと言ってましたが2時間充分楽しんで帰りました。

また別の人の落語も見に行きたいなぁ。


本日の演目です。
ブログ0142P906i






↑ コレと↓ コレ、ポチッと押して下さいませm(_ _)m
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| RossoNero(ロッソネロ)な日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。